2016  3/15(火)第12回 ホメオパシー勉強会 

 

4月から始めたセルフケア勉強会の最終日でした。

生歯、歯痛、乗り物酔いなどの症状によいレメディーを見ていき、セルフケアの症例を報告し合ったり

細菌やウイルスに感染した時の身体の防御システムについて考えました。

 

最後でしたので、皆さんの感想を聞かせて頂いたのですが「ホメオパシーの考え方が面白くて、自分のための時間だったので、月に一度来るのが楽しみだった」とおっしゃって下さった方が多くて、やってよかったなと思いました。

 

「色々な物事の考え方がシンプルになっていくというお話は、たしか最初の頃に聞きましたが、

最終回の今日、お話しいただくとすごく納得、共感しました。私も少しずつなってきている気がします♪」

「れいこさんのご家族の話がとっても面白かったです。先日カレンデュラクリームを切り傷に使いましたら、あくる日は血も止まり絆創膏も要りませんでした。」

「一年間ありがとうございました。毎回お会いできるのが楽しみでした。これからも学ばせていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。」

「みなさんのお話しが聞けてよかったです。もう少しゆっくり勉強できればよかったのですが(お仕事で)・・。ありがとうございました。」

「ワクチンの話が興味深かったです。」

 

 

次の一年間は、スタイルを変えてやってみます。

ホメオパシーを生活に取り入れたい方のために、少しずつ情報を配信していく予定です。

 

以下は、公表してもよいという了解のもと、受講した方が書いてくださったご感想です↓


2016.03.06 ホメオパシーカフェ

 

蒲生町を広く知っていただく大規模なイベント「カモコレ」の一つとして、

ホメオパシーカフェを開きました。

 

「ホメオパシーとは?」のようなお話会は、これまで何度か

する機会があったのですが、今回は単に聞いて終わるだけの会にはしたくなかったんですね。

で、参加者さんが積極的に取り組める「カフェ」のような場を作りたいと、

私の独断で選んだおいしいお菓子とコーヒーを準備して、お待ちしておりました。

 

はたしてどのぐらいの方へ響くかなあ?という懸念もありましたが、

ちゃんと響いてくださった方がいらっしゃいましたよ。後で聞いたら、キャンセル待ちの方が3人もいらしたそうです。

セラピーに従事しておられる方、ご自身やご家族の健康を考えておられる方など、ホメオパシーに可能性を直観された面々が集まり、

初対面同士ですが、ご自身の体験やお考えを率直にシェアしていただける、ディープな2時間半でした。

 

場所を提供してくださったのは古民家カフェ「ZENZAI]さん。

ここの店長さん、お若い女性なのですが懐が深くてかっこいいのです。

 


2016.02.23 第11回セルフケア勉強会

 

今回は、帯状疱疹・副鼻腔炎・不眠・喉の痛み・捻挫といった不調へのレメディーから出来るアプローチについてみていきました。ご家庭でレメディーを使って急性症状を乗り越えた経験などをシェアしていただいたり、こんな時にはどうすればいいんだろう?という事例を考えたりしました。

 

「いろいろな質問を皆さんがされて、なるほどと思う所があり勉強になります。皆さんすごい。」

 

「風邪で自分に合うレメディーを落ち着いて見つけられ、回復したことがよかったです。」

 

「レメディーを選択するときに、症状にプラスして、きっかけや気持ちまで考慮に入れるところが面白い。参加者の皆さんが着実にホメオパシーを生活に取り入れ、家族の信頼を得ていく様子が聞いていて嬉しくなりました。」

 

「人の体験談を聞いて、自分一人では選びきれないレメディーを教えてもらえたので良かったし、面白かった。喉の痛みは全体が痛むので、右からとか左からとか、痛みの位置を見つけるのは難しいなと思いました。」

 

「ものもらいにヘパソーファー、目の痛みにエイピスがよく効きました。」

 


2016.02.02 第10回セルフケア勉強会

 

エインズワースのレメディーキットに付いているセルフケアガイドブックの訳を基に、

ホームケアのやり方を勉強している会。

残すところ、あと3回となってしまいました。

 

前回で個々のレメディーの特徴をみていく時間が終わり、少し余裕があったので

私の方からいくつか症例の紹介を。

身近に起こった出来事へ、レメディーを使いどう対処したか?

というお話しをしました。

 

「皆さんの体験を聞いたり、普段疑問に思っていることを質問する時間がよかったです。体験談や質問タイムの会があったら楽しいかも。」

 

「お話しから、自分も母としてよく観察することが大切だなあと改めて思いました。

そばに居るだけで安心する、ということも大切ですね。」

 

「アーニカの出番が多かったです。助けられる事が多かったです。」

 

「インフルエンザの体験談が勉強になりました。今日うかがったお手当ての方法も、今後周りの人たちにも伝えたいと思いました。」

 

「体験談とか、情報が聞けてよかったです。」

 

「れいこさんのいろいろな体験が面白かったです。

病院の帰りにコケてしまい、両膝を強打しました。アーニカクリームをすぐに塗りました。

黒くはしていますが、痛みがすぐにひきました。」

 

 


2015.12.15 セルフケア勉強会

 

第9回。この回で、レメディーを一通り勉強し終えました。最後はSepia. Silica. Staphisagria. Sulpherの

4つ。どれも、とても役に立つレメディーです。

症状は、花粉症・頭痛・消化不良・インフルエンザ・怪我について、みていきました。

 

「夫が頭痛もちで、よく頭痛薬を飲んでいるので合うレメディーを探してみようと思います。それにしても、たくさんあるなあ・・・」

 

「家族みな、ガス腹からくる痛みにカーボベジがあっという間に効き、いつも助かっています。

更年期を前にシーピアを知って、心強いです。」

 

「夜ラカシスを飲み、朝の目覚めが良かったです。」

 

「レメディーが合った時はすごく嬉しいです。家族の頭痛と吐き気が止まらない時にアドバイスをもらえて、症状が落ち着きました。ありがとうございました。」

 

「交通事故に遭われた方が、レメディーをうまく選んで摂ったことで回復が良かった話が勉強になりました。日頃からレメディーをうまく利用することで、毎日の暮らしに役立つんだなあとあらためて思いました。」

 


2015.11.24 セルフケア勉強会


よく写真を撮り忘れてしまいます。

いろんな話をしているうちに、会が終わっているんですよねー(笑)。

さて、今回は第8回。

レメディーは4つ(Phos. Puls. Rhus-t. Ruta)について。

症状は、膀胱炎・下痢・中耳炎・熱・悲しみ・二日酔いについて、みていきました。


「ポースティーラのレメディーの活用範囲の広さが印象に残りました。

子供に関して、オールマイティーなぐらいでは? 身体症状だけではなく、精神面に注目して選んでみたいと思います。」


「症状は、メンタルの変化のあと身体に現れるので、症状の少し前からを振り返ってみるとよい・・。客観的にふり返られる自分になりたいです。」


「足を捻りやすいので、今日ルータのレメディーを知って良かったです。

 虫刺されを思いっきり掻いて、傷になりました。これがなかなか治らなくて困っていましたが、昨晩カレンデュラを思いつき、使ったら傷が良くなっていました。ありがたいです。」


「実例を挙げながら、皆さんのお話しを聞きながら勉強するので、楽しくてよく分かりました。」


「症状別に候補のレメディーが挙げられているのが、分かりやすかったです。

 メンタル面にも微妙な違いで、使い分けられそうなのが分かりました。」


「症状別のレメディーが沢山学べたので、不調が起きても更に心強くなりました。

 包丁で手を切った母にアーニカを飲ませたら、深い傷でしたがすぐに血が止まって傷もふさがりました。母はびっくりしていました。

 その後切った事を忘れて、水仕事をしていました。」



2015.10.27  セルフケア勉強会

 

レメディーは5つ(Merc. Mix-p. Nat-m. Nux-v. Passi.)

症状は やけど・水疱瘡・風邪・ヘルペス・便秘・咳 について、みていきました。

 

終了後に皆さんでレメディーを使ったセルフケア、レメディー以外のセルフケアについていろいろな話が飛び交い、気がついたら1時間が過ぎていました。あわわ・・・勉強会の2時間はあっという間です。

 

「咳のためのレメディーがとても多かったのはびっくり。思い返してみると、自分の咳も発症してから治るまで

少しずつ変化していってた事に気付きました。その症状に合わせてレメディーを選んでみるのが楽しみになりました。

 

子供の手のケガにレメディーを使いました。早くて1か月、かかれば3か月と言われていた手の痛みと痺れが、

ルータとハイペリカムで一気に良くなりましたが、お医者さんには信じてもらえないと思ったので話しませんでした。

でも明らかに良くなりました。」

 

「症状ひとつ一つに沢山の候補となるレメディーがあり迷いますが、勉強していくことでより合ったものを選べるようになるので

使っていくのが楽しみです。

家族の強い頭痛にラカシスを使ったら2~3分で症状が治まり、驚いていました。」

 

「今からの季節によい風邪や咳のレメディーが分かり、子供にも使えそうで良かったです。」

 

「トートパシーとホメオパシーがあって、二つは違うのですね。

 自分がいま治したい咳のレメディーは、候補が沢山ある・・・自分を客観的に観るのは、本当に難しいなあ。」

 

「皆さんの体験を聞けて良かったです。レメディー選びで自分に合うものを探して飲んでみて、

それが自分に合ったと分かったときは、とても嬉しいですね。自分をよく観察しなければ、と思いました。」

 


2015.09.29  セルフケア勉強会


レメディーは5つ(Kali-b. Lach. Lyc. Led. Mag-p.)

第6回目からは、個別のレメディーに加えて、症状別にレメディーをみていく学び方も始めます。

この日は、不安感、関節の痛み、背中の痛み、噛み傷、できもの などについて見ていきました。


お家でやってみたセルフケアで、うまくいったこと、いかなかったこと。

疑問点などをシェアしていただきました。勉強会の醍醐味です。


「レメディーを勉強するにつれ、症状別に候補となるレメディーが沢山あること。また、その違いも段々分かってきました。日常的にどんどん使い、生活にレメディーを溶け込ませて、病気になる前にセルフケアできるようになりたいです。」

「レメディーは自然治癒力を発動させるスイッチを入れるだけで、そのあとはその人に任せる・・。

薬ではないものだなあ、と改めて思いました。」

「ラカシスやライコポディウムは思い当たる事があり、何かあったら使おうと思いました。先日足を強打して、

アーニカを使いました。少しずつですが痛みが取れました。」

「症状に応じたレメディーの選び方は、とても分かりやすくて良かったです。」

「症状別にレメディーを分けてみると、また違った見方が出来て整理できました。

右側、左側など出る場所が違うというのも面白かったです。」


2015.09.01 セルフケア勉強会

 

第5回目は、7つのレメディーについて勉強しました。

(Euphr. Ferr-p. Gels. Hep. Hyper. Ign. Ip.)

 

ホメオパシーを使ってケアをする上で、知っておいていただきたい事を少しずつお話ししているこの会。

レメディーを選ぶ人は、患者のありのままを観察しなくては、適切なレメディーを選択できません。

段々とホメオパシーの面白さに迫っていってます。

 

「一つのレメディーでも、いろいろな症状に関係してくるのが面白いなと思いました。”その人そのものに揺さぶりをかけている”というのを聞いて、

色々な症状が出てきても、全体的に考えればいいのだなと思いました。」

「7つのレメディーが出てきたけど、身近な症状や病名と共に学んだので、イメージしやすく、覚えやすい気がしました。」

 

「”ありのままを観ることが大切”というのが、勉強を進めるにつれ、よくわかってきました。症状ひとつとっても多くのレメディー候補があり、

適切なレメディーを見極める為に、広く深くレメディーを知ることが大切だと改めて感じました。私はアーニカで、打撲の痛みがすぐ引きました!」

「自分の身体への感度を高めることも大切だなと。身体からのメッセージを受け取りやすくなるんですね。

「自分の思い込みを手放せるという話が印象に残りました。」

 

「皆さんの体験のお話がとても勉強になりました。」

「思い込みの話は、聞くと笑えて楽しかったですが、本人にとっては大変大事なことなんですね。私も今までいろんなことで悩んできましたが、考え方の癖を変えるだけで、とても楽になったなあと感じました。 

コキュラスを飲んだ後、いつの間にかめまいが治まっていました。嬉しかったです。」



2015.07.14 セルフケア勉強会

 

第4回目は、ご家族や身近な方へレメディーを選ぶときの留意点についてお話をしました。

いくら自分で「これはいい!」「役に立つ」と思っていても、たとえご家族がレメディーを摂ることで改善することが予想されても、本人にその気がなければレメディーはあげない方がいいのです。

なぜか?という点について、私がセルフケアを始めた頃にやってしまった、数々の失敗をお話しました。

この一年間の勉強会で安全な使い方を体得して、周りの方がより元気になっていくような「おうちのホメオパス」さんになってください( ´ ▽ ` )ノ


レメディーは、Cantharis, Carbo veg, Chamomilla, China, Cocculus, Drosera について詳しく勉強しました。

 

「病名とか関係なく、今の症状に一番近いレメディーを摂る、という点がすごく分かりやすかったです。先日風邪をひいた時に3つのレメディーを候補として選んで摂ってみました。やっと3番目のレメディーで治まったのですが、良くならない時はやめる勇気も必要だというお話を聞いて、よかったです。」

「神経過敏になっている時、ヘルペス、乗り物酔いなど、試してみたいと思うレメディーが学べて良かったです。病院を受診せずにこういった不調に対処出来るようになったら、本当に嬉しいです。」

 

「病名でなく症状を診て、レメディーを探す。そのためにはその人の全体がどういう状態かというのをよく観察すること、を学びました。胃の調子が悪いと身体もこころも元気が無くなってる私に合っているかもしれないと思うレメディーがありました。」

「興味のあるレメディーが沢山出てきた日でした。自分、子供達、飼っている猫へ試してみたいレメディーがあったので、使ってみます。

虫刺されで、何ヶ月も痒みの止まらなかった所が、エイピスを摂ったら5分後に痒みが止まったという事がありました。」

「先日家具の角で足を打った時に、とっさにアーニカのクリームを塗りました。今までだったら湿布!とか冷やして!だったはずなのに、その時は あ!アーニカだ!と閃きました。いつの間にか痛みは消えて助かりました。アーニカをすぐに思いつけた事が嬉しかったです。今日習ったレメディーの中にも、自分の経験から当てはまると思えるものが見つかったので、よかったなあと思いました。」

 


2015.06.23 セルフケア勉強会

 

第3回目は、ホメオパシーを体系化したドイツ人医師、ハーネマンが説いた「ヴァイタルフォース」について勉強しました。

これは、東洋で言う「気」に近い考え方です。また、人はなぜ病気になるのか?という事についても考えてみました。

そもそも病気とはどんな状態の事を指すのか?ヴァイタルフォースはここにも関係してきます。身近な例を挙げながら、また皆さんからの質問も受けながらヴァイタルフォースや病について考えてみましたが、「ああ、そうか」「なるほどー!」という感想も沢山出てきて、ホメオパシーの勉強が私たちの日常に直結している事を、あらためて感じました。

レメディーはArsenicum, Belladonna, Bryonia, Calc carb, Calendulaについて。

レメディーの勉強は、その像(ピクチャー)を掴むことを大切にしています。

古典文学が読み継がれるのはそこに「人間というもの」が描かれているからで、私たちは今の時代にも通じる普遍的なものを物語から読み取り感銘を受けます。

レメディーの勉強は、それに似ています。「ああ、こういう人いるなー」「あの人がああなのは、このレメディーのような特徴を持っているからかもしれない」レメディーの勉強はこれだけに留まらないのですが、あらゆる「人を学ぶ学問」であり、そこから「自分という人」にも目が行くことが面白さのひとつです。

 

「ヴァイタルフォース(以下VF)についての考え方が面白かったです。身体に取り入れるものと出すものの収支が合わない時に不調になる・・。食べ物飲み物だけでなく、ある言葉を受け続けてそれが出ていかないと影響するとか、目に見えないものの収支もあるのだなと思いました。」

「ホメオパシー→VFを元気にする。病気になると見えてる症状だと思いがちだけど、VFが低下している、傾いている状態が病気だという事。

VFはその人の大事なところを守ろうとして、まずはあまり重要でないところから症状を出していく・・ことなどが分かりました。」

「VFの話は、私が思っている事と同じだったので感動しました。」


「昔からよく言われる”病は気から”とか、”気”の事などが全部つながっていて、納得いく話でした。 またArs.は、自分によく使う場面がありそうと思いましたが、強いエネルギーなのでなるだけリピートしない・・どの位の間隔を空ければいいのかな?と気になりました。」

「レメディーの話を聞いていると、”夫に摂らせたいなあ・・”とか、”あの上司にはこのレメディーを・・”とか、いろいろ思いました。 ”VFが崩れていますよ”というサインが”症状”として現れるという考え方が、とても新鮮でした。」

「見えている”症状”を病気として薬を使い、一旦落ち着いたとしてもVFが傾いたままではまた、違う症状として現れる。それでも薬で処理し続けると、段々問題が深刻化し、慢性病になっていくことがあるというのが、腑に落ちました。」

 


2015.05.26 セルフケア勉強会


第2回目は、

*レメディーというものについて

*セルフケアの手順、注意点 などについて勉強し、新たにレメディー3つ、

 Apis, Argentum nitricum, Arnicaについて学びました。

質問もたくさん飛び交い、皆さんのホメオパシーを生活に役立てたいという熱が伝わってきます。

「ポーテンシーについて。薄める程にエネルギーが高く・深くなり、希釈振盪の回数が少ない程、広く・浅く作用する話など、面白かったです」

「ポーテンシーのことが分かりました。薄める方が力が強い、とか、うまく作用したときは、過去に患って治りきれなかった事が出てくるという話にびっくりしました」

「レメディーの話、奥が深くて楽しかったです。身体の反応について分かったので、今までは待ちきれずすぐ病院でしたが、今度は落ち着いて対処できそうです」

「好転反応とプルービングの違いが、とても勉強になりました」

「セルフケアの具体的な手順が分かってよかったです」

「レメディーを水に溶かしてスプレーするのもよい、という話に驚きました。アーニカ、エイピス、アージニット。どれも自分にぴったりくる気がして、摂ってみたくなりました。そのあとの観察がうまく出来るか、不安ですが・・(笑)」



2015.4.28 セルフケア勉強会 

 

全12回を、一年かけてやっていくセルフケア勉強会が始まりました。

あちこちからホメオパシーを知りたい!という方々がお越しくださいまして、みなさんの良い気に包まれ、充実した2時間でした。

段階を追ってホメオパシーを、色んな角度から勉強していきます。その面白さをお伝えできるように、頑張ろう!私にとっても勉強の一年間です。

初回はホメオパシーの概論的なお話しと、レメディーAconite, Allium cepa, Antimonium tartaricumについて勉強しました。

「本を読んでいるだけでは、なかなかピンとこないことが多かったのですが、お話を聞くことで、より具体的なイメージをすることが出来ました」

「レメディーを作るときに、原物そのもののエネルギーが活性化されるという所に興味を持ちました。より強いエネルギーで症状がすっきりする!という流れが面白かったです」

「レメディーの選び方は、何度聞いても面白いと思います。色々なレメディーを知りたいと思いました」

「似たようなレメディーが自然治癒力を刺激してくれる、ということが日常的にもあるという例え話が分かりやすかったです。沢山のレメディーがあるようですが、どうやって確かめたのだろう?」

「心身の不調に良いというホメオパシーの、具体的な説明が分かりやすかったです」

「レメディー→物質のエネルギーを写し取ったもの。エネルギー→雰囲気。感じるもの。など、バッチフラワーとの共通点の多さが興味深かったです」

「レメディーの種類の多さと、その力にびっくりしました」


2015.3.15 ホメオパシーカフェ「音の響きとホメオパシー」


カモコレ最終日のミュージックフェス「ハルノオト」で、いつもとは違うテーマでホメオパシーについてお話しする機会を持たせていただきました。

私たちは常に動き続けているので、いろんな状態になります。それをありのまま認めて、優しく後押ししてくれるホメオパシー。ときに表現し難い状態を、アートはうまく表してくれますね。自分に合うものに触れた時の開放感と、ホメオパシーにはそんな共通点があります。

いきなりそんな内容でホメオパシーについてご紹介するのは、ちょっとチャレンジかなと思いましたが、やってよかった!

皆さんご自分のなかにあるものと照らし合わせながら考えながら聞いて下さっている様子で、うんうんと深く頷いていらっしゃいました。


2015.3.7 蒲生で治癒力up! ホメオパシー入門講座


カモコレ用・入門講座の2回目を開きました。写真は撮れなかったのですが、沢山の参加者の方と充実した時間を過ごすことが出来ました。午前中は「ホメオパシーとはどんなものか?」というお話を。皆さん熱心に聞き入って下さいます。

お昼ご飯をいただきにZENZAIまでお散歩。春を感じる曲げわっぱ弁当を食べながら、色々なお話をして参加者さん同士あっという間に仲良くなりました。

午後は、実際の使い方や、ひとつ選んだレメディーの詳しいご説明を。ホメオパシーという医学にとても興味を持ってくださった方々が、4月から始めるセルフケアの勉強会に早速申し込んで下さいました。

有難いことに「こういう入門講座が時々あったらいいな」という声もいただき、私も、もっともっと内容を磨いていきたいと思っています。


2015.2.24 蒲生で治癒力up! ホメオパシー入門講座 

 

プリズマのある鹿児島県姶良市蒲生町では、毎年「カモコレ」という3週間に渡る様々な体験型イベントがあります。その中で私もホメオパシーをご紹介する機会を持たせていただきました。

早々に定員を上回るお申し込みを頂き、みなさんのホメオパシーへのご興味の高さを実感しております。

今回はただの「ご紹介」ではなく、日常でどのように使っていけばいいのか?というところまで具体的にご紹介しました。いまお困りの症状をお持ちの方に、とりあえず、という条件付きでレメディーを摂って頂いたのですが、わずか3分ほどで改善がみられました。実際に体験していただけると、一番説得力がありますね。時間をかけてセッションをしたほうが良い問題もあるので、いつもこのようにはいきませんが。

(いつもこう出来ると、もっとスムーズにご理解いただけるだろうに・・(^^;)と思います)

 

古民家カフェZENZAIのおいしい~ランチを味わいながら、「代替療法と現代医療が、”どちらか”ではなく、”どちらも”普通にあって、臨機応変に選択出来る状況になるといいですね」というお話しや、日常のお話しで盛り上がりました。

ガイドさんに蒲生の案内もしていただき、私にとってもお得感満載の楽しい催しでした。

 



2014.1.16 ホメオパシーを学んでみる会 in 笠利

  

奄美市笠利町の土盛海岸入口にあるwaoai cafe and freespaceにてお話し会をしました。

お話し会、一年ほど前から時々行っているのですが、臨床経験が増えた分、より具体的なお話が出来るようになってきました。今回はセルフケアをされている方もいらしたので、どのようにレメディーを選べばよいのかという点についても力を入れてお話ししました。熱心に質問をしていただき、短いながらも充実した会になりました。

「初めてのホメオパシーの話は、とても興味深く楽しかったです。話の内容も分かりやすく、自分でも本を買って読んでみようと思いました。」

「ホメオパシーについて全く知識が無かったので、考え方自体とても面白く感じました。いま自分が感じている”なぜだろう?”という事が解決出来るかもしれないと思いました。」

「少しずつ勉強していきたいなと思います。素晴らしい世界だなと思いました。」

「聞きたい事もきけて、わかりやすくとてもよかったです。自宅でやるセルフケアで、これがダメなら次回がある、という考え方でやったら楽だと思いました」

 

 


2013.6.24 ホメオパシー

一日入門講座 in 名瀬

 

瀬戸内町で行った入門講座を、名瀬でも行いました。

暑い中6名の方がお越しになり、熱心に聞いて下さいました。

「ホメオパシーの正しい知識を知ることが出来ました。

ホメオパシーの利点・欠点などもきちんと説明されて分かり易く、とても良かったです」

「自分のエネルギー・自然に治る力のスイッチを入れるという所に惹かれました。ホメオパシーに限らず、結局自分の中にあるものなんだなあと思いました」

「ホメオパシー、興味があってネットで調べてたけど全然分からなかった。今日は、いったい何がどう活用できるのか分かって非常に良かった」

「ホメオパシー・レメディーについてよく知らなかったので、具体的に知ることが出来てとてもよかったです。

まずは自分が体験してみたい~!!と思いました」

「セルフケアの勉強方法について知ることが出来たのでよかったです。今後勉強していきたいなと思いました。

ホメオパシーがどういうものか明確になりました」

詳しいご紹介は出来ませんが、お話し会などでホメオパシーに興味を持って下さり、コンサルテーションを継続中の方が数名いらっしゃいます。その受けられた方に体験談を聞いて申し込まれる方もいらっしゃいます。多くの方が少しずつ、よい方向へ向かわれておられるのを励みに、私も日々より良いコンサルテーションを目指して頑張っています。

 

 

 


2013.5/28(火) ホメオパシー 一日門 in 瀬戸内  

 

ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。日本で知られるようになって10年余りですが、まだまだよく理解されていない面もあります。そこで今回は、初めて聞く方にもよく理解してもらえることを心がけ、ホメオパシーの面白さをお伝えしました。

何にでもすぐにお薬を摂る習慣をつけてしまうと身体にどんな作用があるのか、という点にも少し踏み込んでお話しを致しました。ホメオパシーはセルフケアをするのに、少し勉強する必要がありますが、健康に対する意識も大きく変わりますし、全体的な生活の質も上がるので、その見返りは十二分にあります。

「すぐに体調を崩して病院通いをしてしまうので、根本から治したいと思っていました。関心のある事を沢山聞く事が出来て良かったです」

「家族が長年処方された薬を服用しており、体に悪いのではないか?と疑問を持ちつつも、ずるずると時が過ぎていきました。」

「語り口調が穏やかで分かりやすく、とても良かったです」

「医学や薬の力だけでは治らない不思議なホメオパシーのすごさを感じました。今まで半信半疑でしたが、今日聞く事が出来てよかったです」

「初めてホメオパシーの事を知りましたが、私達の体を自身の持つエネルギーでより良い方向へ持っていく、治していく自然療法ですばらしいなあと思いました。セルフケアなどもっと学びたいと思いました」

 


2012.12/12(水) ホメオパシーお話し会 

 

「奄美のセラピー体験会」というイベントの中で、お話しをさせていただきます。

ホメオパシーをご存じない方や、なんとなくしってはいるけど・・という方向けに、

20分位の基本的なお話しをして、ご質問などにもお答えいたします。

 

 

沢山のお客様にお越しいただき、アロマやカラー、レイキ、マッサージなどを味わっていただきました。お話し会も随時という形で、延べ20名のお客様にホメオパシーをご紹介できました。

「初めて聞いたけど、すごく面白い療法だと思いました。赤ちゃんや小さい子に使えると聞いて、うちの子にも使えたらいいなと思っています」

「初めて聞いたのでまだ信じられないけど、私は気とか、何か目に見えないけど絶対あると感じるので、自分の力で良くなっていくこんないい療法があるのなら、すごくいいと思う。もう今は身体がきつくて・・・。もっと早く知りたかった」

「フラワーエッセンスは母の愛、ホメオパシーは父の愛というたとえに深く納得しました」

「すごく深そうな療法ですね。面白いです!」・・・などなど、関心を持っていただけて嬉しいです。皆さんありがとうございました。


2012.12/9 ホメオパシーお話し会 

 

ほのぼのマルシェというイベントの中で、40分位のお話し会をいたします。ホメオパシーとはどういう療法なのか、そのエッセンスをお話しさせていただきます。

ご質問も受けますので、何かお聞きになりたい方は、この機会にどうぞ!

 (具体的な使い方の説明や、個人的な症状へのお答えは、この場ではいたしません)

この日は十数名のお客様がお見えになり、皆さん熱心に聞いてくださいました。

ありがとうございました。

 

お客様の感想

「ホメオパシーのことはあまり知りませんでしたが、今日のお話でよく分かりました」

「前から興味があったので、今度ぜひコンサルテーションを受けたいと思いました」